• サンシャイングループ

“一品入魂”

取り組み

サンシャイングループが創業以来大切にしている志、「一品入魂」。
「食はいのちである」ことを念頭に、安全で美味しいお弁当を提供しています。

このような企業努力が評価され、行政や自治体・警察などから安全で衛生的な宅配弁当企業として、多くの表彰をいただくことができました。
また、より安全なお弁当をお届けするために、衛生管理システムHACCPに加えて「食中毒予防三原則」を実施し、より一層安全・安心なお弁当をお届けしています。

丁寧に

「一品入魂」の思いで、私たちが心がけているのは「手づくり」であるということ。
揚げ物から焼き物、煮物に至るまで、すべて、スタッフが心を込めて丁寧に手づくり。
機械では決して真似できない美味しさが、一つ一つのお弁当に詰められています。
味、鮮度、健康、そして手づくりにこだわったお弁当を、日々お届けしています。

徹底的に

お客様へ、安心で安全なお弁当をお届けするためにも、商品の仕入れからお弁当作り、出荷、回収までマニュアルを作り、徹底的に管理・指導しています。
お弁当を作るスタッフは、頭のてっぺんからつま先まで、しっかり隠れるユニフォームを着用。
異物の混入を防ぐとともに衛生面にも配慮しています。細心の注意を払いながら、お客様にいつでも安心してお弁当を食べていただけるよう努力しています。
「安全性」へのこだわり
HACCPをはじめ自社基準も設定。目指したのは究極の安全性です。
衛生管理システム「HACCP」
HA=危害分析 食中毒や、異物など、予測される事故を想定
CCP=重要管理点 仕入れから、製造工程、物流まで含んだ各過程それぞれにチェックを定める。
各チェックポイントごとに、管理方法を決め、問題解決まで先の工程には進めないシステム
※HACCPとは、Hazard Analysis Critical Control Pointの略です。
 
自社規定「食中毒予防三原則」
清潔【菌をつけない】
  • 従業員の健康管理・衛生意識の向上
  • 食品の品質・衛生管理
  • 器具・容器・原材料の区分
加熱・冷却【菌を殺す】
  • 器具・容器・作業台などの熱湯消毒
  • 真空冷却器による加熱・冷却
迅速【菌をふやさない】
  • 製造時からお客様に召し上がっていただくまでの時間を短縮するために、工程や配送での工夫を行う

容器回収

日替弁当の容器は、毎日回収し、洗浄したのちにまた利用します。
これには、コストの削減や環境への配慮といった意味もありますが、 何よりもお客様の顔が見えることが一番。
例えば、おかずの残り具合でお客様の好みやニーズがわかり、次のメニュー開発へつながります。
反対に、容器が空っぽのときはスタッフ一同の励みになります。
また、お届けした際と回収する際の2度お会いすることで、 お客様の声を直接お聞きすることもできます。
このお客様の声が原動力となり、さらにおいしいお弁当づくりへとつながっていくのです。

お問い合わせ

CONTACT
ご依頼やご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。