SUNSINE GROUP CI DESIGN CONCEPT
株式会社サンネットワーク、SUNSHINE GROUPのCIデザイン、シンボルマークはSUNSHINEのイニシャルである、Sからシンボライズしている。
それは、完璧な光の集合体、SUNSHINE - 太陽から放たれる光そのものをビジュアライズし、SUNSHINE GROUPのミッションである企業体そのものが、光の集合体であり、また、ひとりひとりが光であるということを印しているのである。

SUNSHINE - 太陽の光こそが生命の生きる源であり、人間の食の源である、あらゆる食材も、太陽の光により生かされ、生長し、そして人の食へと昇華していくのである。太陽が無ければ、この地球は一瞬にして凍り付き、すべての生命が消滅してしまうのである。そして、太陽の光-SUNSHINEという、「生命の根源 - 光」を社名に冠した、SUNSHINE GROUPはその社名の通り、光そのものとして、輝き続け、社会、世界を未来永劫、照らし続けていくことになるのである。

SUNSHINE GROUPのCIデザイン、シンボルマークは光の輝きを象徴化していることで、光の、プリズムを通さなければ目には見えない色彩のすべてで彩られており、16色の色彩を制定している。
また、単色でも再現が可能であり、バックをBlackにすることで、光の輝きをさらに鮮明に再現する展開バージョンも制定している。

Prof. 稲吉 紘実


Prof. 稲吉 紘実 プロフィール
稲吉 紘実
マーク・ロゴデザインの第一人者であり、CI教科書「NEW DECOMAS」[三省堂]にて、世界を代表するCIデザイナーの一人に選出される。
企業・団体のCIデザインを数多く行い、1990年代後半よりパーソナルマークという、グラフィックデザインと芸術の新たな分野を確立する。ニューヨークADCアドバタイジングポスター部門で日本人として初めて2つのゴールドメダルを同時に受賞した他、内外で数多くのデザイン賞を受賞している。また、ソーシャルデザインの先駆者として、国連で「フィランソロピーシンボリック-稲吉紘実 展」が開催されるなど、デザインと芸術、そして社会貢献・平和活動に動における真のイノベーターとして、グローバルに活動している。

ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学 教授

お問い合わせ

CONTACT
ご依頼やご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。